腸内環境の為に茶色の食材を選ぶ

096956腸内環境を整えてあげるためには、食材選びはとても大切です。摂取する食品1つで、その環境が大きく変わってくるからです。

一般的には、食物繊維を多く含んでいる食材が良いですね。お腹の掃除ができますので、腸内環境が良くなってくれると見込まれるからです。便秘の改善の効果なども見込めますので、食物繊維に注目をするのは大切だと考えます。

ところで、その食物繊維を含んでいる食材には、実はカラーに関する共通点があります。

食物繊維を沢山含んでいる主な食材

食物繊維を多く含んでいる食材には、例えば玄米があります。白米と違って、栄養価が非常に高いですね。ビタミンBやミネラルなどを多く含んでいる食材なのですが、それと同じく食物繊維を非常に多く含んでいるのです

それとライ麦パンにも、多くの食物繊維が含まれていると言われています。一般的なパンよりも、その繊維の割合が多いようですね。

また日本そばなども、実は比較的多くの食物繊維が含まれています。
上記のような食材を普段の食生活で用いると、だんだんと腸内環境も良くなっていくでしょう

茶色系統の食材は腸内環境には良い

096954ところで上記で申し上げた食材には、1つ共通点があるのはお気づきでしょうか。まず玄米なのですが、色は明らかに茶色ですね。少なくとも白米のように白色ではありません。

それとライ麦パンの場合も同様で、やはり一般的な食パンなどに比べれば、色は茶色に近いですね。また茹でられる前の日本そばなども、やはり色は茶色に近いと思いませんでしょうか。

つまり食物繊維を多く含んでいる食材の場合は、茶色の物が非常に多いのですね。ですのでスーパーなどで食材を選ぶ時には、ちょっと茶色の物をピックアップしてみると良いでしょう。

腸内環境に関わる2種類の食物繊維

腸内環境を良く保つ為には、食物繊維を意識するのは大切だと考えます。その際はお腹の掃除を行ってくれる訳ですから、お腹の調子も良くなってくれるでしょう。
ただし食物繊維にも、色々な種類があります。その種類を知っておくのは大切ですね。

便秘を悪化させてしまう事がある不水溶性食物繊維

例えば不水溶性食物繊維と呼ばれるものがあります。主に野菜などに含まれている食物繊維なのですが、実はそれはお腹に対してポジティブな影響を及ぼしてしまう可能性があります。

というのも食物繊維の中には、ちょっと消化されにくいものがあるのですね。それが腸の中で詰まってしまって、お通じが悪化してしまう場合があります。それは便秘の原因になってしまう事もあります。

お通じを良くする為に食物繊維を摂取するのは大切なのですが、不水溶性の物を摂取してしまうと、腸内環境が悪くなってしまう事があるので気をつけた方が良いでしょう。お通じが良くない時は、それらの食品の摂取を控えるのも1つの方法です。

お通じを良くしてくれる水溶性食物繊維

その逆に、お腹に対して良い繊維もあります。水溶性食物繊維ですね。
その繊維の場合は、便を軟化する効果が期待できます。それでお通じが良くなって、腸内環境が改善される場合があります。逆に便が硬いとなかなか体の外に出しづらいので、ちょっと大変ですね。

ですので腸内環境を良くする為には、不水溶性ではなく水溶性の食物繊維を摂取するのを心がけた方が良いでしょう。ちなみに後者の食物繊維は、主に海藻類やこんにゃくや納豆などに多く含まれています。ネットでそれらの情報は簡単に調べられますので、「最近少々お通じが良くない」時などはその食品をチェックしておくと良いですね。

腸が緊張した状態ではいい働きをしてくれません。上手くリラックスさせてあげる方法を伝授します。